今すぐにでもお金がほしい時ってありますよね。そんな時に便利な即日借入が可能なカードローンを紹介します。

お金がほしい!を解決してくれる頼れるカードローン

カードローンを比較 お金がほしい!を解決♪
▲こちらで比較!▲

 

今すぐにお金がほしい時ってどんな時?

五十肩のためにリクライニングチェアを買いたかった時

お金がほしいと思う時は、やはり自分の身の丈に合わないほどの商品がほしいと思った時などです。もともと酷い肩こりだったのですが、それがさらに昨年の暮れくらいから悪化してしまい、酷い五十肩となってしまいました。五十肩といえば、筋肉の付きの悪い高年齢の人であれば誰もが発症するような当たり前の病気ですし、それで死ぬようなことも無いのですが、たからこそこれといった解決方法が全くなく、医者から処方された痛み止めやはり薬を毎日のように使うだけでした。

 

いつ治るかも個人によって違うので、なんとか楽になりたいと思っていました。その時に偶然見たのが体重をかけるだけでスライドできるリクライニングチェアだったのです。私の背丈に合っているようなリクライニングチェアはなかったのですが、その商品は背丈にあわせて作られているので、非常に身体にフィットしました。しかし、金額を見てみると20万円以上もしたのです。本当にこの時には体が痛かったですし、本気で購入を考えました。

 

ですが、ほしいほしいと思ううちに、体の痛みを解消されある程度は腕を動かすことが出来るようになって来たのです。ですから、この時には必要ない投資をしませんでした。本当にリクライニングチェアを欲しいと考えましたし、できればお金を借りてでも購入したいと思ったのですが、症状が治まったために購入せずに済みましたし、高額なものは飛びついてすぐに購入することをいくらかは見合わせた方が良いのだとこの時に思いました。

 

リクライニングチェアを買うのにお金がほしい

 

 

英会話スクールが入会キャンペーンだった時

お金は常に豊富にある方が良いとは常々思いますが現実はお金に困っている時の方が殆どです。今すぐにでもお金が必要と思うことは多々ありますが、何度か必要ということが数回ありました。

 

一度は英会話スクールに通いたいと思い、話を聞きに行くと1週間後迄特別に割引のキャンペーンを行っているという時があり、今すぐに大金が必要だという状況でした。その時に初めてキャッシングというしくみを知り、通常の銀行ATMコーナーでクレジットカードを挿入するとキャッシングができるサービスでした。こんな風にお金を借りることができるのか?と知り、来月返済するからまぁ良いか?と軽い気持ちで借りてしまいました。

 

そうして便利なキャッシングを利用して引き出し、英会話スクールの費用を期限内に支払うことができた為にスムーズに手続きを完了しすぐに習い始めることができました。でも、借りた後はやはり怖くなりクレジットカード会社に問い合わせ、借りたものの返済方法がわからないなど教えていただき結局翌月に振り込んで15万円返済したことは覚えています。その時は、すぐに返済した為、利息はそれほどかかってなかったと思います。

 

また、次の機会に旅行に合わせて、どうしても一眼レフカメラがほしい時期がありました。それは消費税の増税前で、カメラが20万円する為増税後と増税前では結構な額です。その時は、リボ払いかキャッシングに頼ろうかとも思いましたがその時は別の定期貯金を引き下ろして何とか支払いました。常々、もっと手持ちにお金があればとはつくづく感じます。

 

英会話スクールですぐにお金がほしい

 

主人が急に減給になった時

主人の給料が急に少なくなってしまったっことがあります。それまでは多少の余裕もあり、毎月一定額を貯金に回すこともできていました。しかし、給料が下がったことで、どんなに節約をしても毎月赤字になります。貯金をきり崩しながら何とかしばらくは絶えていましたが、その内貯金も底をつき、毎月の住宅ローンや光熱費と行ったお金にも困ることになりました。

 

今月はどうやって光熱費を工面しよう?と悩んでいた時は、とにかく今すぐ現金がほしくて仕方がなかったです。食費などは全く考えず、とにかく家を維持するお金さえもが足りません。借金することも考えたけれど、住宅ローンを持っているので、銀行で借りることはできません。だからといって、他のところでは何だか怖いです。

 

今借りても、このままの給料が続くと、生活でさえできない状態なので、その上返済なんてできるはずがありません。悩んだ末、恥を忍んで私の実家の両親に相談しました。一応主人の手前、主人の実家に借りつことも考えましたが、はっきり言って主人の実家もかなりの貧乏です。相談しても同情はしてもらえてもお金を貸す余裕は絶対にないということは分っています。そこで私の両親と言うことになりました。

 

状況をっ説明すると、黙ってまとまった金額を準備して貸してくれました。そのお金を使い、当面の生活費に充てて、主人にはもっと給料の良い仕事をしてもらいうことにし、転職が軌道に乗ってから毎月実家に返済しています。

 

主人が減給で今すぐお金がほしい


このページの先頭へ戻る